written by

kada-lab

加太・友ヶ島調査 day6 発表会

今日はいよいよ最終日、発表会の日です。

朝からグループごとの、川添先生の最終チェックを行いました。

最終確認とだけあって、どのグループも真剣です。

テーブルの散らかりようからも、昨晩の努力が感じられます。

全員でバタバタと会場に移動し、いよいよ最終発表です。

会場はおかげさまで、たくさんの方々にお越しいただき、満員御礼となりました。

今回の発表のテーマは、「10倍計画」です。

加太・友ヶ島を調べ、面白いものをみつけ、何を10倍にするか、自分たちで設定します。

はじめのチームは、「世界中の観光客を10倍にする」提案チーム。

次は、「歩行者を10倍」にするチーム。

「温泉利用者を10倍にする」チーム。

「友ヶ島来島者を10倍にする」チーム。

各チームの発表後に、川添先生と稲野さんから講評を、全体の発表後に活性化協議会副会長の藤井さん、和歌山市榊原参事よりコメントをいただきました。また、会場からも熱心なコメントや質問をいただきました。みなさまからのご意見やご感想は、今後の計画に生かしていきたいと思います。

 

JCOMさんにも取材いただき、本日の様子は後日放送されます。

発表後は和歌山市駅周辺にて、打ち上げです。

学生たちはようやく、発表を終え、心の底から乾杯ができました。

2018年度川添研の秋の加太リサーチキャンプはこれにて、終了です。

まちの「10倍計画」は、まちに対して、その背景や文脈をしっかり理解しつつも、未来に向けて夢を描く提案を行うという、着地点としてはなかなか難易度の高い課題でしたが、短期間の成果として、どのチームもとてもよく頑張ってくれたと思います。

加太にとって、明るい兆しを感じるとともに、

学生それぞれがこの体験を通して、また一つ成長できたと思います。

開催にあたってご尽力いただいたみなさま、ご来場いただいたみなさま、どうもありがとうござました。

(助教:青木)