加太・友ヶ島調査 day6 発表会

今日はいよいよ最終日、発表会の日です。

朝からグループごとの、川添先生の最終チェックを行いました。

最終確認とだけあって、どのグループも真剣です。

テーブルの散らかりようからも、昨晩の努力が感じられます。

全員でバタバタと会場に移動し、いよいよ最終発表です。

会場はおかげさまで、たくさんの方々にお越しいただき、満員御礼となりました。

今回の発表のテーマは、「10倍計画」です。

加太・友ヶ島を調べ、面白いものをみつけ、何を10倍にするか、自分たちで設定します。

はじめのチームは、「世界中の観光客を10倍にする」提案チーム。

次は、「歩行者を10倍」にするチーム。

「温泉利用者を10倍にする」チーム。

「友ヶ島来島者を10倍にする」チーム。

各チームの発表後に、川添先生と稲野さんから講評を、全体の発表後に活性化協議会副会長の藤井さん、和歌山市榊原参事よりコメントをいただきました。また、会場からも熱心なコメントや質問をいただきました。みなさまからのご意見やご感想は、今後の計画に生かしていきたいと思います。

 

JCOMさんにも取材いただき、本日の様子は後日放送されます。

発表後は和歌山市駅周辺にて、打ち上げです。

学生たちはようやく、発表を終え、心の底から乾杯ができました。

2018年度川添研の秋の加太リサーチキャンプはこれにて、終了です。

まちの「10倍計画」は、まちに対して、その背景や文脈をしっかり理解しつつも、未来に向けて夢を描く提案を行うという、着地点としてはなかなか難易度の高い課題でしたが、短期間の成果として、どのチームもとてもよく頑張ってくれたと思います。

加太にとって、明るい兆しを感じるとともに、

学生それぞれがこの体験を通して、また一つ成長できたと思います。

開催にあたってご尽力いただいたみなさま、ご来場いただいたみなさま、どうもありがとうござました。

(助教:青木)

加太・友ヶ島調査 day5

加太は今日も見事な秋晴れでした。

今日は、朝からチームごとの作業を行いました。

午後からは、京都府立大学の松田法子先生がお越しになり、交流センターにて、「海と大地に棲みつくふるまい」という題目で、とても面白いお話をききました。会場の交流センターも満員御礼となりました。

また、和歌山市 尾花市長にもお越しいただき、学生調査や発表に向けたあたたかいお言葉を頂戴しました。

看板は、加太中学校の神崎校長が製作してくださっています。

 

その後、川添先生を交えてトークディスカッションを行いました。ディスカッションでは、松田先生のご講演内容のほか、先生が歴史に興味を持ち始めたきっかけなども伺いました。

その後、懇親会として今回ご協力いただいた加太地元や、市役所、その他関係者を交えての懇親会を行いました。

懇親会には、加太えびすやさんに美味しいお料理を、漁師さんたちに美味しいお魚をふるまっていただきました。

明日は、いよいよ学生発表会です。

学生の夜はまだまだ長そうです。みかんを手元に、頑張っています。

明日はいよいよ発表会です!
和歌山市勤労者センター6Fにて、18:30からです!

加太・友ヶ島調査 day4

今日は朝から、川添先生も交えて各チームがこれまでの調査結果とテーマについての議論を行いました。

その後、各チームごとに追加の議論や情報収集を行いました。

 

午後からは、川添先生の講演会に全員で出席するために、和歌山市駅へ。

帰りはめでたい電車「さち」にも乗れました!

加太では今日も綺麗な夕日が観れました。

夜は朝の川添チェックを踏まえて、各チームごとに議論と作業を行っています。。

また、加太情報の補足として、加太観光協会顧問の利光さんに、意見を伺いました。

 

夜も更けてきましたが、議論は白熱しています。。。

明日は、いよいよ、京都府立大学の松田先生をお呼びして、第二回地域ゼミです。

加太・友ヶ島調査 day3

今日は、昨晩の観光協会長 稲野さんのコメントや、チーム間での議論をふまえて、各チームごとに調査や作業を行いました。
いよいよ加太調査も半ばに差し掛かり、学生たちも作業と議論、住民や観光客へのアンケートやインタビュー調査などを行ったり来たりしながら、一生懸命取り組んでいます。

調査には、この夏加太にも導入されたシェアサイクルofoも利用します。

また、夜には、社会学として組織論を研究している樋口あゆみさんにお越しいただき、「異なる背景を持つ人と人が出会うとき」という題目でレクチャーをしていただきました。

レクチャーには、川添研究室の他、地元の方々や市役所の方々にもお越しいただきました。

加太・友ヶ島調査 day2

本日、加太・友ヶ島調査2日目です。

今日は和歌山市・観光課の方にお越しいただき、友ヶ島の現状や歴史、市としての取り組み等をレクチャーしていただきました。また、行政的な側面について、多数の質疑もあり、さらなる議論が展開しました。

午後からは、友ヶ島へ調査に行き、夜には各チームの方向性や提案、新たな疑問等を観光協会長 稲野さんと共有し、アドバイスを頂戴しました。明日は各チームそれぞれの調査と作業になります。

 

今日は、秋の加太らしい素敵な夕日にも出会うことができました。

 

加太・友ヶ島調査 day1

本日より、川添研究室の大学院生13名が加太にきて調査を始めました!
まずは、加太の各所を町歩きし、語り部松原さんによる加太歴史ツアー、観光協会長の稲野さんによる加太の漁業と活性化の取り組み、そして加太の歴史博士、藤井先生による加太の歴史の講義を聞きました。

今日は、それぞれの感想を議論し、明日からチームごとに本格調査に入ります!

 

 

1 2